銅といった硫黄の構築などにおいて練習を通じていた

調合などに対して訓練をしました。それでは、銅といった硫黄の調合に対してだ。硫黄を加熱し、とけたらそのスチームの中に加熱した銅線を入れます。そうして、硫化銅ができます。できた硫化銅は弾力性がなく、もろいだ。銅板の上に硫黄をのせておくと、ふれたところに硫化銅ができます。放置しておくだけで、調和が進みます。銅って酸素の調合(銅の酸化)は、銅は雰囲気中間の酸素って結びつきます(酸化)。酸化したあとは、結びついた酸素の分だけ重くなります。水の調合と解体の関連は、燃料電池に融通されています。水素と酸素の調合は、水素って酸素の合同瓦斯に電気で花火をとばして点火行なう。こういう一瞬、水素と酸素を体格比で2:1の割合で混合しておくと、最も凄まじく調和行なう。水の電気解体は、水に電流を流すといった+極に酸素、−極に水素が体格比で1:2の割合で発生します。調合の仕打ちに関しまして訓練をしましたが、知らないことばかりだったので、知れて良かったです。ミュゼ 無料カウンセリング

銅といった硫黄の構築などにおいて練習を通じていた